パッケージ印刷(化粧箱)を専門に取り扱います。キャラメル箱、N式箱、スリーブ箱、ピローケースなどのパッケージ印刷のムーブ。

ホーム工場案内

当社はお客様のご要望するパッケージ化粧箱をデザイン制作から、印刷、加工、発送までを自社工場内一貫で行っていることが最大の強みです。
工場では一般印刷物(カタログ、パンフレット、チラシ等)も印刷しています。これらの印刷物は、毎日大量の紙を消費しているため、良質を紙と大量購入による紙料金のコストダウンにつなげています。

お客様のご要望に沿った箱は、個数、納期、オリジナルデザイン等、パッケージ箱のプロが対応させていただきますのでご安心ください。
当社は営業、デザイナー、印刷オペレーター、検品発送と全ての項目において全力でお応えし、お客様に商品をお届け致します。

1.面付け

お客様から頂いたデータは、オフセット印刷機で効率よく印刷するため、大きな用紙を使います。
そのため、用紙に合わせて同じデータを複数配置します。また、このような作業を面付けと呼びます。

2.大判インクジェットプリンター

最大用紙幅約1mに対応した高精細な印刷が可能なインクジェットプリンターです。
印刷のプルーフ(多丁付けした最終原稿)やオンデマンドカットサンプル用に印刷機としても使用します。

3.キャドカットサンプル機 (オプション工程)

パソコンの専用キャドソフトで設定した通りにカットをする機械で、最大600×900mmまでの用紙をカット可能です。
箱の無地カットサンプル制作やオンデマンドカットサンプルを作成の際に使用します。

4.印刷版の焼き付け (CTP)

印刷機用の「版」を出力します。当社ではCTP(Computer To Plate = CTP)出力にて版を作製します。
CTP出力では編集済みのデジタルデータを、印刷用フィルムを出さずに印刷機に合わせたPS版を出力することができます。

5.オフセット印刷機

CTPで出力された刷版は、オフセット印刷機にセットされ印刷作業をスタートします。
当社工場では5色機を主力に使用のため、4色+ニス引きを一回の通しで可能です。
また、UV印刷にも対応しています。インクが瞬時に乾くのでスピーディーな印刷や特殊な紙にも印刷可能です。

6.トムソン機 (打ち抜き加工)

印刷した用紙をトムソン機を使って打ち抜きます。
その際に折線や、穴などの設定となるのが木型で、トムソン機に木型をセットして、プレスして打ち抜きます。

7.サック機 (貼加工)

トムソンで抜いた印刷物をサック機を使って貼り付けます。この機械は複雑な箱の形状にも対応可能です。
箱としてはこの段階を得て、納品の物となります。

8.検品・梱包

ここでは印刷にムラがないか、トムソンでの抜きミスが無いかを人間の目で検品の上、事前に打ち合わせた梱包方法にて大切に梱包していきます。

9.配送・納品

事前に打ち合わせした配送方法で迅速にお客様へとお届けします。